第87回 連合静岡伊豆地協 ファミリーメーデー

4月29日

IMG_1605

日本労働組合総連合会、静岡連合会、伊豆地域協議会のファミリーメーデーに参加しました。

労働組合におけるメーデーとは、労働者が統一して権利要求と国際連帯の活動を行う日とされています。また、労働者のメーデーの起源は1886年5月1日に合衆国カナダ職能労働組合連盟(後のアメリカ労働総同盟、AFL)が、シカゴを中心に8時間労働制要求の統一ストライキを行ったのを起源としています。 1日12時間から14時間労働が当たり前だった当時、「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために」を目標に行われました。

私は今回が初めてのメーデー参加でしたが、伊豆半島各地、各団体の組合員とそのご家族の皆さんが参加されていました。

IMG_1604

式典では、伊豆地協相馬克光議長をはじめ、榛葉賀津也参議院議員、連合静岡池冨彰会長、各市町議会議員らが挨拶をし、五十嵐副議長によるメーデー宣言の採択が行われました。

熱海市からも、熱海ガス労働組合の皆さんが参加されていました。熱海市には労働組合が少ないと言われていますが、少ない中でしっかりと存在感を示し、私も組合の皆さんの活動をしっかりとサポートできるよう励んでまいります。

IMG_1612

Leave a comment

Please be polite. We appreciate that. Your email address will not be published and required fields are marked