来宮神社 大楠祭

5月5日

本日は来宮神社で大楠が新葉を付け、生命力に満ちあふれるこの5月5日に来宮神社の御神木である樹齢約2000年の大楠をお祭りする恒例行事「大楠祭」が執り行われました。

雨宮宮司のお話によれば、楠は新たな葉が芽吹くのを見届けてから古葉が落ちてゆく様から、絆やつながりといった事を示しているとの事です。

神事では、宮司が祝詞をあげた後、早神楽と大楠の舞の2つの巫女神楽が奉奏されました。

2つ目の大楠の舞は、熱海にゆかりの深い、佐々木信綱先生の『来宮(きのみや)は樹齢二千年とふ樟(くす)のもとにこの年の春も祈ることあり』という歌を基に、山中社中の方が作曲をしたそうです。

天候にもたいへん恵まれ、少々熱いぐらいの陽気でしたが、大楠の周りは木々に囲まれ、木々の間から木漏れ日が差し、川の音がさやさやと聞こえ、清廉な空気が満ちていました。

早神楽
早神楽
早神楽
早神楽
大楠の舞
大楠の舞
大楠の舞
大楠の舞

Leave a comment

Please be polite. We appreciate that. Your email address will not be published and required fields are marked