広島原爆投下の日

本日は、皆様ご存知の通り71年前、昭和20年の今日8月6日、先の大戦で広島にアメリカの原子爆弾が投下され、爆発と被ばくによる犠牲者は同年12月末までに14万人に上るとされています。

原爆に関することは、小学生の頃から授業や、図書館にあった『はだしのゲン』(中沢啓治)を読み、原爆がもたらした破壊と死と被ばくの恐怖を学びました。小学生にもとても恐ろしくて絶対に使ってはいけないとはっきりと理解することができました。

また、大学生時代には友人と共に広島へ行き、原爆ドームや原爆資料館を見学しました。特に原爆資料館は、原爆を受けた方々の恐怖や苦しみが展示された品々から感じ取ることができました。

このような恐ろしい兵器が使われないことはもちろん、世界中の国々が核兵器の廃絶を行うことを切に願います。

Leave a comment

Please be polite. We appreciate that. Your email address will not be published and required fields are marked