観光建設公営企業委員会 行政調査2

近江八幡市での調査では、平成17年より行政が開始した風景計画に基づく景観づくりについて調査を行いました。hakuunnkan

近江八幡市は、滋賀県の中央、琵琶湖の東岸に位置した街です。歴史は古く、織田信長が天下統一を夢見て、豊臣秀次が築いた近江商人のふるさとです。

街並みにも非常に歴史を感じさせる建築物が多く残っていました。

まず、この近江八幡市の景観に対する運動は実に昭和40年から始まっています。

今でこそ屋形遊覧船が行きかい観光スポットの一つとなっている八幡掘という大きな水路がありますが、当時は全く手入れがされておらず、生活排水などが垂れ流しになっており、異臭など公害の原因となっていました。

住民の陳情により一時は埋め立てられようとしていました。しかし、当時の地元JCの皆さんが立ち上がり、八幡掘保存再生運動を開始したのです。そして行政もそれに呼応し、修景事業へと舵を切ったのです。

その後も景観保護を目的とした市民団体がいくつも発足し、景観保全運動は市民に広がっていきました。

そして、平成17年に近江八幡風景計画の第一弾となる「水郷風景計画」が策定されました。その後も19年に「伝統的風景計画」28年に「水郷風景計画(拡大)・歴史文化風景計画・全市計画」が策定されました。

これらの計画の中で、市内をゾーニングしそれぞれの特徴的な景観を生かし、守っていく計画となっています。

とにかく近江八幡市の市民の皆様の景観に対する意欲とエネルギーが素晴らしいと感じた調査でした。

熱海市は特に観光都市であるから景観には本当に気を使わなければいけないと思いますが、現状ではまだまだ行き届いていない部分も多く見受けられるのは事実です。

今後も観光温泉文化都市の名に恥じぬ景観づくりをしていくために市民の皆様のご協力が不可欠です。

観光客の皆さんが満足していただける景観を作り上げていくためにご協力よろしくお願いいたします。

Leave a comment

Please be polite. We appreciate that. Your email address will not be published and required fields are marked