さくらの名所散策路開通

3月16日

ついに10年以上にわたる交渉と工事が終わり、熱海高校の生徒の皆さん、そして周辺住民の皆様が心待ちにしていた「さくらの名所散策路」が開通しました。

市長さんと、歴代県会議員、そして周辺住民の皆様の努力とご協力がようやく実を結びました。

この「さくらの名所散策路」ですが、熱高生の通学路としてはもちろんの事、熱海桜やヒマラヤザクラなど計178本の桜が植樹されており、11月の下旬から2月の下旬まで桜が楽しめる新たな観光名所にもなっています。

また、今まで上多賀と下多賀を南北に結ぶ道は、海岸沿いの国道やその裏道しかなく、津波が起きた際に分断されてしまう可能性が高かったことから、新たな避難路としての期待も非常に高いものがあります。

式典では、熱海高校エイサー団が演舞を披露し、市長さんは挨拶で「多くの方の支援と尽力で完成したことに、お礼を申し上げたい」などと述べました。

また、この散策路の愛称として、熱海高校性が全校生徒より募集し生徒会が厳選し「四季の道」とすることが発表されました。自然豊かな多賀の山を通る散策路にふさわしいこの愛称が皆さんに親しまれることを願います。

Leave a comment

Please be polite. We appreciate that. Your email address will not be published and required fields are marked