丹那トンネル殉職者慰霊式

4月5日

今年も丹那トンネル殉職者慰霊式が執り行われました。

熱海の発展と繁栄に大きな影響をもたらした丹那トンネル。熱海の発展は鉄道と共にありというのは皆さんご存知の事と思います。その大きな影響をもたらした2つ目の転機がこの丹那トンネルの開通であります。

世紀の難工事と言われたこの工事で殉職された67柱の方々へ、心から感謝と哀悼の意を表します。

さて、昨年熱海市立図書館に寄贈された『丹那トンネル工事日誌』これは当時鉄道工業の社員だった故・前田恭助氏が書き記した日誌で、当時の工事の様子を知ることのできる貴重な資料であります。

私も市民の一人として是非1度拝見したいと考えています。

Leave a comment

Please be polite. We appreciate that. Your email address will not be published and required fields are marked